マルチレイヤーセキュリティアーキテクチャの説明
ChainUp Custodyでデジタル資産を保存すると、世界レベルのセキュリティエンジニアとエクスパートが構築した当社の最先端のシステムにより、お客様の資産が確実に保護されます。
banner
多次元セキュリティシステムアーキテクチャの包括的分析
テクニカルリスクの管理
デジタル資産を確実に保護
MPCテクノロジー
複数署名
しきい値署名
取引コンプライアンス
リスク回避のためのコンプライアンスポリシー
AML/コンプライアンス
業務リスクの管理
マルチレイヤーセキュリティシステムを通じて違反を防止
AML/コンプライアンス
ホワイトリスト機能
保険証書
資産管理者のコンプライアンス
リスク回避のためのコンプライアンスポリシー
SOC2監査
レイヤー1: AML/コンプライアンス&ポリシーエンジン
包括的なKYT, KYCおよびAMLスクリーニングサービスがChainUp Custodyで
KYT: 自分の取引を知ろう(KYT)は、デジタル資産に詐欺または怪しい活動(例: マネーロンダリング)がないか査定することができ、ユーザーの金融取引の関心や追跡をお手伝いし、取引の信ぴょう性や正統性を見定めることができます。
KYC: 顧客を知る(KYC)は、企業の身元特定とクライアントの身元確認のプロセスです。ChainUp CustodyのKYCサービスによりユーザーのプロファイル取引目的が理解できるようになり、クライアントリスクプロファイルの構築により疑わしい取引を検出できます。
リスク監視メカニズム: 高リスクの取引の検出や拒否に一役
ChainUp Custodyは、取引の資金源まで追跡しやすくすることで、マネーロンダリングやテロリズムへの資金提供、およびその他犯罪行為を取り締まる目的で、自動化された入金と出金のモニタリングを提供します。
コンプライアンスパートナーを選び、リスクレベルに基づいて取引ポリシーをカスタマイズしてください
ChainUp Custodyは代表的な暗号通貨コンプライアンスおよびマネーロンダリング防止サービスのプロバイダーChainalysisと協力し、統合されたKYC/AMLソリューションも提供します。クライアントはニーズに合わせたさまざまなプランやベンダーを選択することができ、フィアット通貨や暗号通貨での取引を実施する際のコンプライアンスを確保できます。
レイヤー2: MPC
単一障害点なし
追加の展開なしで
非常に低い取引手数料
運用の柔軟性
最強の取引暗号化およびセキュリティテクノロジー
マルチパーティ計算(MPC)は、クライアントのデータのセキュリティやプライバシーに危険を及ぼさない、シェア演算の暗号プロトコルです。
簡単で安全なデータアクセスを提供する能力
MPCは、伝統的なプライベートキーを複数の部分に分割し、複数の場所に分散し、伝統的なプライベートキーへのフルアクセスを誰も持つことがないようにすることで機能します。プライベートキーは常に、分散した形で使用されます。
ChainUp CustodyはMPCテクノロジーをハードウェア隔離テクノロジーと組み合わせて、暗号情報の分散ストレージとシステムセキュリティの大幅な拡大を実現し、お客様以外には誰もお客様のデジタル資産にアクセスできないことを保証します。
自動キーリフレッシュにより漏洩を防止
MPCのアルゴリズムメカニズムによりいつでも主要情報をリフレッシュして危険な情報を無効化し、新しいキーを作成して資産の盗難リスクを減らし、デジタル資産のセキュリティを保証することができます。
MPCはチェーンに関係なく機能
複数署名のアプローチとは違ってMPCは、ブロックチェーンとの互換性が非常に高くなっています。
レイヤー3: 複数署名
複数署名(multisig)ウォレットはスマートコントラクトであり、これにより一回の取引で複数の署名者を受け入れることができます。N個の署名のうち事前に設定されたM個の署名が承認を受けたら、取引は次に進みます。プロセスは、単一の人物またはデバイスには依存しません。
ChainUp Custodyは複数署名テクノロジーを使って、内部詐欺または共謀から資産を保護し、各特権口座でユーザー資産の盗難を防止します。
複数署名ウォレットに関連したアドレスと各取引向けの署名は全て透明で、ブロックチェーンで追跡可能です。
安全なストレージ
デバイスに依存しない
取引エスクロー
レイヤー4: しきい値署名
しきい値署名ではMPCのテクノロジーを適用し、インターアクティブなマルチパーティ合意を確立してプライベートキーを共有し、単一のデジタル署名を作成します。
セキュリティ
単一障害点がないため、プライベートキーへのアクセスをハッカーが得ることが大幅に難しくなりました – 複数の人物が、プライベートキーへのアクセス獲得に取り組む必要があるのです。
低い取引手数料
作成され、取引ごとに確認される必要のある署名が1つだけであるため、追加の認証コストが不要となり、取引コストが大幅に削減されます。
高度なプライバシー
各当事者の入力内容の秘密が保たれるため、署名者はインターネット上で公表されることはありません。
レイヤー5: ホワイトリスト
ウォレットアドレスのホワイトリストの作成により、望まないウォレットアドレスにサードパーティが資金を引き出すことを防止できます。取引とホワイトリストのポリシーを定義すると、ホワイトリストの承認なしで送金や引き出し金額が口座を離れることはありません。
レイヤー6: SOC 2 コンプライアンス
SOC 2は、5つの「信頼サービス原則」に基づいてクライアント情報の処理基準を規定します—セキュリティ、可用性、インテグリティ処理、機密性およびCrypto Custodian向けのプライバシーです。
SOC 2
in progress
プライバシー

アクセス管理

二要素認証

データの暗号化

セキュリティ

ネットワーク/アプリケーションのファイアウォール

二要素認証

侵入検出

機密性

データの暗号化

アクセス管理

ネットワーク/アプリケーションのファイアウォール

可用性

パフォーマンス監視

災害復旧

セキュリティインシデントの対処

インテグリティ処理

品質保証

処理監視

レイヤー7: 保険
ChainUp Custodyのデジタル資産保険が間もなく登場します! ChainUp Custodyの保険には、以下のカバーが含まれます:
物理的損傷
自然災害から発生する物理的損傷でプライベートキーの喪失が発生
従業員の盗難
従業員の慎重かつ不誠実な行動により損失が発生
現場での盗難
プライベートキーが保存されている場所からの第三者による盗難
サイバーセキュリティの脅威
外部ハッキング、マルウェアの攻撃またはコンピュータ上の詐欺により発生する損失
貴社業務の安全確保を進める追加機能
01
個人情報の暗号化
02
主要データのトレーサビリティ
03
ユーザーセキュリティ認証
04
内部監査リスク管理
05
完全な取引プロセスの監視
06
早期警告システム
07
権限管理システム
08
異常な金融監視
ChainUp Custodyを選択して、内部セキュリティの脆弱性を一掃
ChainUp Custodyのエクスパートチームは、お客様のデジタル資産に最も適したKYCおよびAMLサービスの選択など、安全な資産管理ソリューションの構築におけるベストプラクティスをお客様が学ぶお手伝いをします。詳細情報については、当社までお問い合わせください。
サポートを求めて連絡
ウォレットのセキュリティおよび取引ポリシー向けの拡張性のある機能で、幅広い業務要件をカバー
ホワイトリスト、オフラインおよび管理承認プロセスを使って取引リスク管理メカニズムをカスタマイズ
サードパーティベンダーのガバナンス、パートナーの選択、セキュリティシステムの手順。
暗号、金融およびセキュリティのテクニカルエクスパートによりカスタムで構築されるセキュリティシステム